東京リベンジャーズ1〜24巻, shinsin.c0m鬼滅の刃全巻と映画のノベルティ2点クジ2点,

ハンターハンター HUNTER×HUNTER 全巻+関連本3冊 【特別訳あり特価】

ハンターハンター HUNTER×HUNTER 全巻+関連本3冊
ハンターハンター 1巻~36巻 全巻セット 関連本3冊 ハンター協会 公式発行 ハンターズ・ガイド 緋色の幻影 ラストミッション 経年劣化による日焼けがあります。 写真でご確認下さい。 コンディションとしては、中古品としてご理解をお願い致します。 多少の傷、シミなどありますが、読むのには全く問題ないです。 即購入0Kです。 バラ売りは行っておりません。 画像の様に日焼けはありますが、 ・表紙の汚れ等を出来る限り拭き取って ・クリスタルパックにキレイに入れて梱包 上記を行って発送致します! 送料込みの値段となっております。 自宅保管している中古品ですので、神経質な方はご遠慮ください。
商品の情報
カテゴリー:本・音楽・ゲーム>漫画>全巻セット>
商品のサイズ:やや傷や汚れあり
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
発送までの日数:2~3日で発送

ハンターハンター HUNTER×HUNTER 全巻+関連本3冊 全巻セット 【特別訳あり特価】

ハンターハンター HUNTER×HUNTER 全巻+関連本3冊 全巻セット 【特別訳あり特価】

ハンターハンター HUNTER×HUNTER 全巻+関連本3冊 全巻セット 【特別訳あり特価】

  • 4.00

    ALWの音楽は最高!演出も最高!でもストーリーが、、、

    M子

    オペラ座の怪人の続編だと思うと色々納得いきませんが、音楽はとてもいいです。演出が大変凝っていてサーカスを見ているようで面白いですが、地味演出でもいいからオリジナルキャストのラミン・シエラコンビのパフォーマンスをパッケージ化して欲しかったです。

  • 4.00

    新演出で、数々の違和感に納得

    ピパ

    「なぜオーストラリアのメルボルン公演!?」「ロンドンのオリジナルキャストのラミンもシエラも出ていないのを、何故わざわざ映像化!?」と謎がいっぱいのまま購入したわりに、実際に見たら、すんなり納得。(私は、ロンドンのオリジナル公演を一度見ました。以下、ロンドンオリジナルとの比較になります。CDを聴いたことのある人の方が、わかりやすいかもしれません。)まず、ロンドン公演の舞台と、演出が違います。大筋はもちろん同じなのですが、衣装や装置も別物。演出は、ロンドンも途中で変更があったようなので、その変更後のものをメルボルン公演も使っているのかも。(私が見たのは、ロンドンのかなり初期の演出です。)ロンドンの装置も大がかりで、テクノロジーを駆使して派手に展開して見栄えがしますが、あれをそのまま映像化しても、ナマで見た時の「おぉっ!」という感動にはならないかも。その点、このメルボルン公演は、最初から映像化を前提にデザインしたのかな、と思うくらい、映像でも見栄えがします。映像向きの派手さがある。ちょっと演出過剰なくらいで、好みは分かれるところだと思いますが、映像向きであることは確かです。それから、細かいシーンの演出もところどころ違うのですが、たぶん最後のシーンの演出が一番違います。私も記憶が曖昧なのですが、ロンドンのオリジナル公演を初めて見た時、最後のシーンに違和感を感じました。その違和感が、このメルボルン公演でかなり解消されました。ロンドンの新演出なのか、このメルボルン公演のオリジナルなのか、細かいツッコミどころは多々あれど、とにかく最後は、この映像版の方が違和感は残りません。(ネタバレになるので、あまり書きませんが。)自分で一番驚いたのが、物語が『オペラ座の怪人』の続編の物語として、すんなり納得できたことです。ロンドンのオリジナル公演のCDや実際の舞台を見ると、どうも一部の登場人物の人格の変わりっぷりに違和感が残ったのですが、映像で見ると、さほど違和感もなく、すんなり入ってきました。そもそも私は、『オペラ座の怪人』のこの続編は蛇足だと思っていて、「続編」として考えたくなかった。全く別物のミュージカルだと思って見ることにしていました。でなければ、最初の『オペラ座の怪人』を、もう前のような感動で見られなくなってしまう(>_<) それくらいに思っていたのに、この映像だと、「続編でもいいかも」と思えました。俗っぽいストーリー展開はともかくとして、私の中で、各キャラの人格が前作と少しつながりました。演出のせいなのか、映像だと各自の表情のアップなどがあって心の動きが見えやすくなるか、とにかくつながりました。アンドリュー・ロイド・ウェバー自身がこの公演に全面的に協力したようですが、それも納得です。歌は、もちろん出演者全員文句なし。ロンドンオリジナルに負けていないと思います。キャストは、ファントム/ベン・ルイス、クリスティーヌ/アンナ・オバーン。私の好みで言えば、映像はこの二人で良かった。ロンドンオリジナルのシエラ・ボゲスのクリスティーヌは、すっかり妻で母親になった大人のクリスティーヌですが、アンナ・オバーンはどこか昔の少女っぽさを残すようなクリスティーヌ。そこも、私には続編として納得しやすかったです。曲はもちろん素晴らしいです。ただ、歌詞がいただけない。CDで聴いた時も呆れましたが、こうして日本語字幕できちんと読んでいても、やっぱりイマイチ。元の歌詞もひどいですが、日本語訳もさらに別の違和感を感じます。元の歌詞のヤボったさをカバーしてくれるくらいのものであってほしかった。前作『オペラ座の怪人』をこよなく愛す私は、この続編のストーリーはイマイチ受け入れがたいものだったのですが、ロンドンオリジナルのCDを聞いた時や実際の公演を見た時の変な違和感や衝撃が、この映像でかなり緩和されました。「よけいな続編を作りやがって(-_-#)」と、CDを聴いて違和感を感じた人に、むしろこの映像はオススメしてしまいたいです。

  • 5.00

    生身の人間としての「怪人」

    かおるこ

    前作と比較しガッカリという声も散見されますが、私は大好きです。アンドリューの楽曲はますます美しく、タイトルロールは感動的です。また、前作が男女のロマンスなのに対して、グスタフの存在により母性や父性、夫婦といった家族の愛を感じさせ、よりリアルに共感できました。「怪人」が、一人の生身の人間として胸に迫ります。ラミン主演ならさらに言うことないのですが。

  • 5.00

    おススメできる方、おススメできない方

    Rhasm

    これはA.L=ウェバーが「オペラ座の怪人」の続編として、「 マンハッタンの怪人 (角川文庫) 」というタイトルの本をわざわざ仕立て(さて)て、それを舞台化したものです。あのオペラ座から年月を経た後日談的なものとなります。ちなみに映画ではなく、舞台の録画です。ネタバレにならない範囲の感想としては、映画のような壮大な舞台を想像するのは危険です。ただし、音楽はオペラ座の怪人の音楽にハマったのであれば、今回もきっと気に入ること間違いなし。オペラ座の怪人ではオケを使う系の曲がメインでしたが、今回はかなりロックな曲が多めに入っています。でも、どれも間違いなく名曲です。映画版のキャストとはもちろん全く違うキャストですが、キャストの拙さは一切感じない、実力派揃いです。そして、映画館と比べて大きな違和感も感じません。あまりにラウルが違いすぎるとか、あまりにファントムが違いすぎる、ということはない、という感じです。では、見た方がよいか、やめておくべきか。参考までに私感を並べてみます。!!見ない方がいいパターン!!・前作ではファントムはちょっとかわいそうだったけど、クリスティーヌとラウルが結ばれてよかったなと思っている人・ファントムはちょっと問題はあるものの、クリスティーヌを紳士的に育て続けてかっこいいと思う人・クリスティーヌは良き母、良き妻と信じている人!!見た方がよいパターン!!・ジリー母娘がその後どうなったのか、どうしても知りたい人・ファントムが何をしてその後どうなったのか、割と知りたい人・密かにクリスティーヌって残念な子じゃないだろうかと思っている人・ラウルはヘタレと思っている人・前作を見て、なんか色々ぼかされた部分を感じ取っていて、すっきりしない人ここでネタバレするのはちょっと控えたいところですので、感想もさらっと。ストーリーは個人的には「ちょっと私利私欲が表面に噴き出し過ぎじゃないか」です。全員の思惑がたくさん見えるので、オペラ座の怪人よりも謎は圧倒的に少なめ、でも「いやそれは謎のままにしておこうよ」という部分も露骨に見えてしまいます。ただ、それを差し引いても、A.L=ウェバーの音楽は本当に素晴らしい。キャストのパワーも皆さん素晴らしい。そういう意味では一見の価値がじゅうぶんにあります。

  • 5.00

    前作をぶち壊してはいますが良いです

    てん

    音楽やミュージカルに詳しくはないけれど、「オペラ座の怪人25周年DVD」ではまりました。Love never dies…大体のストーリーを情報収集してつかみ、がっかりしていました。CDを聞くだけにとどめておこう。キャストもオーストラリア版だしね。なんて勝手に思い込んで長い間放っておいた私がバカでした。舞台美術、曲、歌詞、役者さん達、どれも素晴らしかった!なんてきれいなの!お話は確かに昔のサスペンスドラマ風で、こんな運命にはしてほしくなかった。ラウルの設定酷い。メグ・・・良い娘なのに。それに一曲だけ、歌詞がどうしてもいただけませんでした。折角美しい曲なのに。でもそれらを超える良さが全体に散りばめられていて、あっという間に引き込まれます。カメラワークも良い仕事をしています。初回鑑賞時は、「この美しい音楽はこのストーリーじゃなきゃ浮かばなかったの?」とやっぱり脚本を責めましたが、2回目鑑賞時にはもう、「これはこれで皆人間らしい想いに駆られていていいかも」と感じるようになりました。役者さん達の力ですかね。それぞれの苦悩にすっかり共感してしまった。十年の月日を経、オペラ座からコニ―アイランドへ舞台を変え再び度繰り返されるやりとりは懐かしく。愛らしいグスタフ。美しい音楽の連続。最後のシーンには涙が溢れました。盛り上がり過ぎるとガストン・ルルーの原作を読んでリセットしています。

  • 5.00

    公式から配給される最高の二次創作

    hiropon

    オペラ座の怪人が大好きな人は楽しめる作品。要所要所に出てくる前作のモチーフ。アンドリューの楽曲は本当にすばらしい!オペラ座の怪人を観ていない人はつまらないかもしれない。

  • 4.00

    同人誌

    あい

    賛否の分かれる作品ですが自分は楽しめました! 確かにストーリーが残念ではありますが。 オペラ座の怪人の続編と考えるより、オペラ座の怪人のファントムファンが作った同人誌的な作品だと思えば、違和感なく楽しめると思います。 (そもそも原作者が違うわけですから、続編という位置付けだと微妙だと思います) ファントムの哀しい人生に少し光を射すならこんなだろうなって思いました。 最初はオペラ座の怪人25周年記念を見てはまっているので、ラミンファントム、シエラクリスではないことに購入を迷いましたが、メルボルンキャストも、満足のいく歌声と容姿でした! ラミンのような指先や声のセクシーさはないですが(ラミンファントムは、若く情熱的なファントムでありながら、子供のような、守ってあげたくなるファントムでした)、どこか自信に満ちた、美しい立ち姿と、男気のある声(どちらかと言うと、守ってくれそうなファントム)で、魅了してくれました。 クリスはお化粧濃いめですが、美しく、夢見がちな乙女を残した表情がとても良かったです。 ロンドン講演の演出が地味だったのに対し、こちらはかなりてこ入れをして、豪華かつ、世界観がしっかり表現されており、こちらの映像化で納得いたしました。 ストーリーがチープかつ陳腐なのが本当に残念ではありますが、脚本を練り直して、いつかまた上演して欲しいです。

  • 4.00

    なかなか良かったです

    Y

    当初、余り評判が良くなかったので購入する気はありませんでした。でもやっぱり自分で見てみなけりゃね、ということでやっと購入しました。確かにストーリーは昼メロ風で陳腐、訳詩を読むとどうにもこうにもムズムズするような歌もあるし、日本語としてこれはどうなの?と思うような訳もあり。また、「オペラ座の怪人」のミステリアスでゴシックロマン風の雰囲気が好きで、続編も同じ雰囲気を求める人にはちょっと受け入れ難いのかしらとも思いました。その反面「オペラ座の怪人」の10年後で、フランスからアメリカへ舞台が移っているので、色々と変わらない方が不自然だとも思うのですが。この「ラヴ・ネヴァー・ダイズ」は実に気軽に!ファントムが登場するので“等身大の人間ファントム”という感じです。そして長身でカッコいいファントムです。クリスチーヌは美しくたおやかなイメージが良く似合っています。ラウルは10年後なら、これもありがちな人物設定ですね。ジリー親子は、ファントムの為にここまで変わらざるを得なかったのでしょう。特に哀れなのは、ファントムに対して畏怖・憧憬・愛情さえも持っていたであろう、そしてその為に何もかも差し出したメグ・ジリーです。朝の海で泳ぎ,汚れを洗い流そうとするいじらしさ。グスタフについては、彼の存在がストーリーを昼メロ風にする一因でありながら、同時に深みももたらしているのでしょう。とにかくキャストは本当に皆上手いです。グスタフ役は“子役”とつけるのが失礼ではないかと思う位、立派に役柄を努めています。舞台装置については“夜のコニーアイランドの「化け物小屋」”素晴らしいです。怪奇と幻想、美しい裏側の世界といったところでしょうか。この場面だけでも買って良かったと思う位です。ところで最後の場面を見て(どちらが勝ったの負けたのではなく)、今度はラウルが救われないなぁ、と思ったのは私だけでしょうか?

  • 4.00

    ファントムのためのストーリー

    Amazon カスタマー

    音楽、歌、映像どれも素晴らしかったです。特に私は、コニーアイランドの怪しく光る世界観に釘付けになりました。オペラ座の怪人の神秘的な雰囲気とはまた違った味わいがあって面白かったです。ストーリーは、10年後はこうもしれない、という沢山の可能性の中の一つだと思うと楽しめました。こういう未来もありえるかもなあと。そして、作者、どれだけファントムのこと好きやねん!と思いました。登場人物の歌の見どころは沢山ありますが、結局ストーリーとしてはファントムの、ファントムによるファントムのためのストーリーかもしれない‥。

  • 5.00

    買って良かった

    Amazon カスタマー

    素晴らしい作品を家庭で楽しめる。しかもこんなにお安く。楽しんでます。

ハンターハンター HUNTER×HUNTER 全巻+関連本3冊 全巻セット 【特別訳あり特価】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ハンターハンター HUNTER×HUNTER 全巻+関連本3冊 全巻セット 【特別訳あり特価】

  1. ホーム
  2. 全巻セット
  3. ハンターハンター HUNTER×HUNTER 全巻+関連本3冊

ハンターハンター HUNTER×HUNTER 全巻+関連本3冊 全巻セット 【特別訳あり特価】

神さまの言うとおり 23冊セット